4歳児の重さ比べ【幼児教室】

スポンサーリンク
602595_349243441819916_1382386415_n

今日の保育園、テーマは「重さ比べ」。

見ただけでは重さの分からない
同じ大きさの積木、紙袋、箱が それぞれ5つずつあります。

その重さを調べて重い順番に並べるというもの。


使える道具は、
キッチンスケール、バネ計、シーソー
そして自分の手。


今日のクラス、4歳ですから、重さなんか興味ありません!
重たくなくても、大きければいいのです!
見た目の大きさ重視!! (^_^;)

手に持って調べる時も、どれが重いなんて関係なし!


重たい紙袋をどれだけ高く持ち上げられるか
『力自慢大会』になりました。(・_・;)


計る道具だって同じです。
計ることに興味はありません!!

バネ計は、バネを引っ張ってみたいだけです。
⇒引っ張り過ぎて伸びきらせてしまいました…(゚ロ゚屮)屮


シーソーは、平べったい積木です。
重さを比べたりしないで
あれこれ組み合わせて、電車だとか、車だとか、まな板だとか…
いろんなものが出来ました…( ̄▽ ̄;)。


そして、キッチンスケールはY君が独占。

Y君、レッスン前のお散歩タイムのときに拾って来た
セミの抜け殻をキッチンスケールで計ってみたけど
軽過ぎて、針が振れず。。。 ( ゚∀゚) ∵


仕方ないと思ったのか、
以後、セミのモノマネをずーっとやってくれました。

いっぱい鳴くセミだったので疲れちゃって
最後は「さなぎ」になってじっとしてました。

(*´艸`)クスッ♪かわいい。


このコラムは、未来の世界を生きる子どもたちと、保育に携わる全ての人がハッピーになることを応援するWEBサイト『ハッピー保育ネットふくおか』のコラムです。
手遊び動画サイトも合わせてご覧ください。