「子どもの見る目を肥やすセミナー」

スポンサーリンク

キャリアカウンセラーとして大学生の就職支援にかかわって早8年。

いつも感じるキーワードが「自立」です。

8年の間に、せっかく就職しても、新人が3年で辞めてしまう。
新人のために、何百万円もの資力をかけて辞められた企業はたまらない。
今の若者は「夢がない、コミュニケーション力がない、言われたことしかしない、
『三無い』だ」なんていう企業からの話を耳にしました。

希望を持つことも、
コミュニケーション能力を高めることも、
言われたこと以外に気を回すことも、
幼い頃からの経験の積み重ねで習慣づけなければ、
「もう就職の時期だから」と、その時が来れば
自然と身についているものではないと思います。

そして、これらは偏差値で測ることのできる学力とは別物です。

元幼稚園教諭の私、
保育士・幼稚園教諭も新人は企業の新人と同じ。
それが、人を育てるのだから・・・と、このままでは
乳幼児教育の劣化スパイラルから抜け出せないと
危機感を感じ、行き着くところは乳幼児期の大人の関わり方。

就職活動をするころには自立した大人になっているために
「子どもだからこそ」の時期に大切にしてほしいことを
お話している「子どもの見る目を肥やすセミナー(全10回)」

下のリンクはこのセミナーの主催者、諸岡 あや子さんのブログです。
http://ameblo.jp/studio-ohana-fukuoka/entry-12194823407.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=6c4bac4062034b23b8ac332d194fee17